スポンサーリンク




時事ネタ

ゴディバチョコレートエスプレッソフラッペのカロリーと糖質は?販売終了期間はいつまで?

マックとゴディバのコラボ商品『ゴディバ チョコレートエスプレッソフラッペ』が11月25日から発売されますね。

全国の“McCafe by Barista”(マックカフェ バイ バリスタ)で販売されます(*^^*)

 

ゴディバ エグゼクティブ シェフ・ショコラティエ兼パティシエであるヤニック・シュヴォローさんが監修しているのでかなり本気で商品開発に力を入れたので楽しみですね。

 

ただ、女性が気になるのはカロリーではないでしょうか。つい美味しくて飲み過ぎちゃうかもしれないです。

1杯でどのくらいのカロリーを摂取しているのかを知りつつ、ゴディバチョコレートエスプレッソフラッペを堪能しちゃいましょう♪

 

ちなみに

  • ゴディバ チョコレートエスプレッソフラッペ / 価格:Mサイズ 540円
  • ゴディバチョコレートエスプレッソフラッペ&マカロン / 価格:Mサイズ 640円

という価格です。ちょっと割り高な印象がありますね。

 

そこで、この記事ではゴディバチョコレートエスプレッソフラッペのカロリーと糖質、販売終了期間はいつまでなのかをまとめました。

スポンサーリンク

ゴディバチョコレートエスプレッソフラッペのカロリーは高い?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

キコ(@akivery.v)がシェアした投稿

ゴディバチョコレートエスプレッソフラッペの気になるカロリーは公式発表はされていません。

たとえば、ショコリキサー ダークチョコレート ブラウニー(フローズン)のカロリーなら425カロリー、ホットなら354カロリーになります。

 

成人女性の一日の摂取カロリーは、1400カロリーから2000カロリーです。1日の摂取量中、約20%ほどのカロリーを接収するので割と高いですよね。

でも、毎日飲むとかなりの高カロリーになってしまいますが、たまに自分へのご褒美なら全然いいですよね(*^^*)

スポンサーリンク

ゴディバチョコレートエスプレッソフラッペの糖質は多い?

カロリーと同じく気になるのは糖質ですよね。まだ、公式発表はされていません。

たとえば、マックの商品でアイスキャラメルラテSサイズは糖質18.7gです。

 

意外に糖質ってカロリーよりも多く摂取していることがあるので気になる人は要チェックですね。

今回のゴディバチョコレートエスプレッソフラッペの場合、ゴディバチョコが加わっているので糖質もカロリーと同様にちょっと高いと個人的には思っています。

スポンサーリンク

ゴディバチョコレートエスプレッソフラッペの販売終了期間はいつまで?

ゴディバチョコレートエスプレッソフラッペの販売終了期間はいつまでかを調べたら、マクドナルドの公式発表では販売期間は2021年1月中旬(予定)まででした。

およそ2ヶ月ほどで販売終了になってしまうので、あまりのんびり待っていると気付いたら販売終了期間を突破しているでしょう。

 

しかも、マックカフェ バイ バリスタが併設しているマクドナルドで購入できるので、場所確認もした方がよいですね。

反響が大きければ販売期間の延長もあるかもしれないですが、ひとまず、1月中旬までにゴディバチョコレートエスプレッソフラッペを味わちゃいましょう♪

 

以上、ゴディバチョコレートエスプレッソフラッペのカロリーや糖質、販売終了期間についてでした。

マックとゴディバのコラボ商品なのでなんだかワクワクしちゃいますね。

絶対に美味しいですよね~(*^^*)



おすすめ記事一覧

-時事ネタ
-

© 2021 にじブロ Powered by AFFINGER5