スポンサーリンク




時事ネタ

デジタル課税で日本のデメリットは?問題点や影響の驚くべき事実!

法人税率を世界共通にするデジタル課税が2023年から開始するよう概ね139カ国で合意されましたね。

これによってインターネット上で商売して儲かっているアマゾンのような大企業に法人税が課せられることになります。

そこでこの記事では、デジタル課税による日本のデメリットや問題点、影響についてまとめました。

スポンサーリンク

デジタル課税で日本のデメリットは?

デジタル課税が発生する経緯は、インターネットを使い、国境を超えて商売しているのにも関わらず、販売している国に支店や会社が存在していなければ税金を支払う必要がなかったんです。

ちなみに巨大IT企業って何かと言うと現在、世界でも最大規模のIT企業へと成長したGoogle Apple Facebook Amazonのことです。それぞれの頭文字を取ってGAFA(がふぁ)と呼ばれています。

 

そして、デジタル課税は、売上高が200億ユーロ(約2.6兆円)を超え、利益が売上高の10%を超える企業とすると決まりました。

 

これでインターネットが基盤で商売している企業から課税することができるようになったんです。

なので日本のデメリットはアマゾンやグーグルに似た形態の日本企業は課税対象になってしまうことですね。


私としてはどの企業も平等に税金を支払うことができるようになるのでいい事だと思います。

それに、イギリスフランスチェコスロバキアスペインイスラエルインドなどもデジタル課税を開始しています。

ただ、バイデン大統領はアメリカ企業であるGAFAが外国政府によって課税されることを嫌っているようです。それで、デジタル課税を強行する国に報復関税を課そうとしていることが気になりますね。

 

スポンサーリンク

デジタル課税の問題点は?

グーグルやアップルなどの巨大IT企業はたくさんの収益を上げているのに、それに見合った税金が支払われていないことが問題でした。

さらに、今までのルールでは、工場や支店がある国に税金を支払うとなっていたため、日本に工場は支店がないと、巨額の売上があってもまったく法人税は支払わられないことが問題になっていました。

今回、デジタル課税のルールが130カ国・地域で認められたことで、税金逃れはなくなりますね。

スポンサーリンク

デジタル課税による影響は?

2023年からアマゾン、アップル、グーグルなどの大企業に対して法人最低税率は国際的に15%以上で、税率が低い国にある子会社の所得について、親会社のある国が最低税率まで課税できるようになります。

これにより、日本でも数社デジタル課税の対象になります。

アマゾンやアップルのように対象になるのはアメリカの企業になると思うので、日本には影響は少ないと思います。

日本でもアップルのような大企業が生まれるといいですね。個人的には楽天に期待しています。

スポンサーリンク

まとめ

以上、デジタル課税によって起こる日本のデメリットや問題点、影響についてでした。

2023年から運用開始のデジタル課税ですが、対象の大企業がアメリカになるだけにアメリカが素直に受け入れるかが気になります。

見守りたいと思います。



おすすめ記事一覧

-時事ネタ

© 2021 にじブロ Powered by AFFINGER5