ブルーインパレスのオリンピック2021時間中の飛行ルートと飛行時間は?穴場スポットまとめ!

いよいよ東京五輪の開会式が7月23日に行われますね。

開会式の前にブルーインパレスが描く五輪マークが気になりますね。

そこで、この記事ではブルーインパレスのオリンピック開会式時間中の飛行ルートと飛行時間と穴場スポットをまとめました。

スポンサーリンク

ブルーインパレスオリンピック開会式前の予行練習情報!

7月21日に東京オリンピックの開会式に向けてブルーインパレスの予行練習が実行されました。

実施時間は12:20から13:00で天気が良かったので予定通り実施され、準備万端です。

開会式での飛行は一発勝負なのでとても大事な予行練習だったのでここでまとめます。

  • 12時25分頃:入間基地を離陸
  • 12時26分頃:練馬に到着
  • 12時39分頃まで:入間基地から練馬上空でフォーメーションの確認
  • 12時40分頃:東京タワー付近を飛行
  • 12時48分頃:新宿付近を旋回
  • 12時50分頃:国立競技場で五輪のシンボルマークを描くアクロバット飛行
  • 12時53分頃:帰路の途中である西日暮里を通過
  • 12時57分頃入間基地に帰還

開会式も同じような時間と飛行ルートで正確にミスなく実行されるはずです。

だって、日頃から飛行技術はピカイチのパイロットで構成される大空でアクロバット飛行を披露する航空自衛隊のチームですからね。

スポンサーリンク

ブルーインパレスの飛行ルートの詳細や地図情報!

 

東京23区内を飛行することはすでに発表されていますが、五輪マークがよく見えるのは国立競技場の諸外国の来賓が座るメインスタンドから一番良く見える角度と方向です。

ニュース映像で渋谷が予想以上に大きかったので渋谷区方面を見るといいですね。

スポンサーリンク

ブルーインパレスの飛行時間と出発場所はどこ?

東京オリンピック開会式で披露されるブルーインパレスの飛行時間は7月23日の当日に防衛省航空自衛隊のSNSで発表されます。

飛行ルートの変更はないと思うので、入間基地から出発し、練馬区から南下し、新宿、渋谷を通過し方向を変えながら、JR山手線に沿うような形で田町方面へ進みます。

荒川区上空で再び方向を変え、杉並区などの西へ向かったのち、再び都心へ向かいます。

そして、北区、足立区、葛飾区、江東区、港区などを巡り、23区全体を飛行します。

スポンサーリンク

ブルーインパレスの穴場スポットまとめ♪

ブルーインパルスを悠々と見れる穴場のスポットは、ずはり河川敷(土手)です。

東京オリンピック開会式当日に発表される飛行時間に合わせて土手でスタンバイするとブルーインパレスを見れます。
昼間の時間になるので熱中症には十分注意してくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました