スポーツ

鎌田大夢(昌平)の兄は鎌田大地なの?出身中学や進路先と兄のプレースタイル比較!

高校サッカー埼玉県代表の昌平高校3年鎌田大夢(かまた ひろむ)選手が注目されていますね。

鎌田大夢選手は、泥臭いプレーで得点を奪うこともあるのでオフェンスの核として奮闘しています。

その証拠に第98回全国高校選手権2回戦で2得点あげています。

そこで、今回は鎌田大夢選手の兄や出身中学校、進路、プレースタイルなどを中心に紹介します。

鎌田大夢(昌平)の兄は鎌田大地なの?

鎌田大夢選手の兄は現役日本代表である鎌田大地選手がいます。

兄である鎌田大地選手は、サガン鳥栖での活躍が認められ、ドイツのフランクフルト移籍後、2018年-2019年シーズンはベルギー1部リーグ・シント=トロイデンVVへレンタル移籍しています。

シント=トロイデンVVでは24試合で12得点して活躍しているんですよね。

しかも、フランクフルトと2021年まで契約しているので今後の活躍次第ではビッククラブへの移籍も十分可能です。

さらに、日本代表としてワールドカップW杯アジア2次予選のモンゴル戦で代表初得点を記録してアピールに成功しています。

自分の兄が活躍している姿をみて、鎌田大夢選手としてはかなり刺激を受けているでしょう。

兄弟で日本代表になって活躍できたらすばらしいですよね。

Sponsord Links

鎌田大夢(昌平)の出身中学校は?

[topic color=”red” title=”鎌田大夢プロフィール!”]名前:鎌田 大夢(かまた ひろむ)
生年月日:2001年6月23日
出身:愛媛県
身長:170cm
体重:58kg
ポジション:MF(トップ下、SH)
経歴:キッズFC→JFAアカデミー福島U-15→昌平高校[/topic]
鎌田大夢選手の出身中学校をYahooやGoogleで調べたのですが、信憑性のある情報はありませんでした。

ただ、兄の鎌田大地選手が出身小学校:伊予市立伊予小学校、出身中学:岸和田市立北中学となっていたので、鎌田大夢選手も同じ中学校に通っていた可能性がとても高いです。

それに鎌田大夢選手は小学生から兄もプレーしていた「キッズFC」でサッカーを始めました。

中学時代は「JFAアカデミー福島」でプレーしています。

ちなみに、兄の鎌田大地選手は、小学校の頃からテクニシャンとして有名で、卒業時に大阪体育大サッカー部出身の父親のすすめで「JFAアカデミー福島」を受験しました。

選考結果は最終選考で不合格になっているんですよね。

ちなみに「JFAアカデミー福島」とは、全国から集められた選手を最高の環境で育成するサッカーのエリート養成機関のことです。

鎌田大夢選手は15.5 倍もの競争率を勝ち抜き合格しました。

兄と比較しても鎌田大夢選手のすごさのひとつが伝わったと思います。

鎌田大夢(昌平)の進路先はプロチーム!

鎌田大夢選手の進路ですが、J3福島ユナイテッドFCに入ることが決まっています。
[aside type=”boader”]創設年:2002年
所属リーグ:日本プロサッカーリーグ
所属ディビジョン:J3リーグ
クラブライセンス:J3
ホームタウン:福島市・会津若松市を中心とする福島県全県
ホームスタジアム:Fukushima azuma2.JPGとうほう・みんなのスタジアム
収容人数:6,464
運営法人:株式会社AC福島ユナイテッド
監督:松田岳夫[/aside]
鎌田大夢 進路

2018-2019シーズンは11位と上位に食い込むことはできませんでした。鎌田大夢選手加入によってスルーパスや視野の広さが存分に発揮されれば、チームの核となるだけ化ける可能性が非常に高いですね。

兄と同じように福島ユナイテッドFCで誰もが認める活躍をし、海外チームのスカウトに声をかけられ、ステップアップしてほしいです。
[kanren url=”https://nijiironosakana.com/227.html”]

鎌田大夢(昌平)のプレースタイルは?兄との比較も!

鎌田大夢選手と兄である鎌田大地選手のプレースタイルを比較してみました。
[aside type=”boader”]・鎌田大夢選手は、兄よりも二回りほど小柄な体格だが、技術力は負けていない
・スルーパスや視野の広さは兄とプレースタイルが似ている
・鎌田大夢選手に献身的なプレースタイルが加わった
・鎌田大地選手は、背が大きいわりに細かいステップで相手選手をかわせるドルブルができる[/aside]
兄弟と比較しても、兄は身長が180cmと高いのでポストプレーもできるのは特徴です。ただ、プレーの判断が遅いし、ボディコンタクト、フィジカル面が弱いのが課題ですね。

鎌田大夢選手は視野の広さは私的には兄よりも上だと思っています。ただ、身長が170cm、体重が58kgと小柄なので海外選手とやり合うには大きな課題ですね。

中島翔哉選手と鎌田大夢選手は似ているところがあるので、ディフェンスの意識やフィジカルの強化は必要です。

乾貴士選手のように小柄でも海外で活躍している日本人選手はいるので、鎌田大夢選手には頑張ってほしいですね。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です