兆徳【町中華】の混雑状況や待ち時間は?テイクアウトメニューと値段の情報アラカルト

町中華 兆徳

今、テレビで取り上げられることが増えた町中華。町中華の中でも芸能人も通うほど人気なのが兆徳です。

待ち時間は1時間以上の日もある混雑状況!連日、開店前から行列ができるほどの盛況ぶりです。

そこで、本サイトでは町中華の人気店兆徳の混雑状況や待ち時間とテイクアウトメニュー、値段について詳しくまとめました。

目次

兆徳【町中華】の混雑状況や待ち時間は?

人気の町中華兆徳の開店時間は午前11時30分と午後17時30分です。お昼時は特に混雑をしています。
開店前から10人から20人も並ぶのは、兆徳では当たり前の混雑状況です。
町中華兆徳の座席は20席です。だから、開店と同時に席が埋まってしまうんですよね。
平日は、開店後から13時頃まではサラリーマンを中心に混雑していますが、食べ終わったらすぐに帰るサラリーマンが多いので、回転は早いです。
それほど待ち時間はないですね。
一方、夜は18時から20時まで、お酒を飲みながら町中華を堪能している人が多いので、待ち時間は昼間より長くなる傾向があります。
待ち時間は、2時間の日もあるので、そんな時のために、あなたの携帯電話やタブレットで、好きな音楽、映画、アニメを見れる準備をした方がいいです!
しかも、町中華兆徳は、土・日・祝日も営業をしており、休日だけに夜間は特に混雑をしています。
なので、町中華兆徳の混雑状況から平日の開店前30分から40分前の11時頃から並び始めるのをおすすめします。開店直後に入れる可能性はかなり高いですよ。
ちなみに、兆徳の支払い方法は、現金のみなので忘れないようにしてくださいね。

兆徳【町中華】のテイクアウトメニューと値段は?

兆徳のテイクアウトメニューは以下の通りです。
  • 焼き餃子(6個)450円
  • 揚げ餃子(6個) 600円
  • 玉子チャーハン(塩) 700円
  • 玉子チャーハン(醤油) 700円
  • トマト玉子炒め 750円
  • 砂肝黒胡椒炒め 900円
    玉子チャーハンと焼き餃子が特に人気です。
    日本人が食べやすい味にしているので、また、食べたくなる人が多いのもうなずけます。
    1日平均600個を売り上げる兆徳の餃子は、毎日職人が手包みで一つひとつ丁寧に作っています。
    餃子の餡は、豚肉、キャベツ、長ネギ、ニラ、干しエビを入れたものに、 焼豚を煮込む時に出てくるスープで味を調えます。 キャベツはシーズン毎に産地を変えるなど、ニンニクを使わずに仕上げたこだわりの餃子は、さっぱりとした味わいで女性にも好評です。
    店舗では、焼き餃子の他に、餃子を揚げて甘酢餡に絡めた「揚げ餃子」、 モチモチの食感をキープできるように少し厚めの皮を使った「水餃子」もご提供しております。
    季節毎に産地を変えているキャベツを使用したり、餃子の調理の仕方で皮の厚みを変えたりと調理人の美味しい餃子を提供したいと思いが伝わりますよね。
    餃子はニンニクを使用していないので、女性もニンニクの臭いを気にせず、食べることが出来て人気ですね。
    料理の値段も800円台から900円台が多い中、700円台と手頃な値段でお腹いっぱいなれるのは、うれしいですよね。
    この値段でお店が運営出来ているのは、リピートが多いのと、長くお付き合いがある業者から質の良い野菜や卵を買ってるからでしょうね。

    まとめ

    以上、兆徳【町中華】の混雑状況や待ち時間、テイクアウトメニューについてでした。

    今注目されている町中華ですが、兆徳は1時間から2時間の待ち時間でも食べたいと思う料理ばかりです。

    最近は、テレビで取り上げられることが増えて、気軽に行けなくなったと言う地元の声もあるぐらい人気店として町中華の代表店です!



    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次