芸能

こたけ正義感(弁護士芸人)の年収やギャラと事務所は?妻についても

こたけ正義感

ワタナベコメディスクールで出会った相方(同期の木田雄貴)と、2017年に漫才コンビ「ほどよし」を結成したこたけ正義感さん。

2019年にコンビ解散後、ピン芸人としてR-1グランプリ2022では準々決勝に進出、ワタナベお笑いNo.1決定戦2022では準優勝を果たしています。

法律を題材としたフリップ芸がわかりやすく面白いお笑い芸人、こたけ正義感さん。実は現役の弁護士でもあるんです!

そんな弁護士と芸人の二足の草鞋を持つ、こたけ正義感さんの気になる年収やギャラ、弁護士事務所、さらに家族や妻の存在について調べてみました!

こたけ正義感(弁護士芸人)の年収は?

こたけ正義感 年収

こたけ正義感さんは弁護士としても自身の弁護士事務所を開設しており、お笑い芸人としても注目されてきています。

そんなこたけ正義感さんの年収はどれくらいなのでしょうか?

弁護士の年収を調べてみると、令和3年賃金構造基本統計調査(厚生労働省)では、弁護士の平均年収は945万3600円となっていました。

最近は弁護士のお給料も、人によって年収200万円~1500万円とかなり開きがあるようです。

ちなみにこたけ正義感さんが、お笑いコンビAマッソのYouTubeに出演した時に、月収は100万は超えてると仰っていたので、年収1200万円以上はあるようですね。

河井ゆずるの嫁や年収は?母親や弟が気になる

こたけ正義感(弁護士芸人)のギャラは?

こたけ正義感 ギャラ

こたけ正義感さんの芸人としてのギャラは残念ながら調べても出てきませんでした。

20223月から開設された、こたけ正義感さんのYouTubeチャンネル、『こたけ正義感のギルティーチャンネル』。登録者数は2200人で、2022年の推定収益は6468円とされています。

今年はテレビ出演も増えてますので、ギャラもどんどん増えていきそうですね!

こたけ正義感(弁護士芸人)の弁護士所属事務所は?

こたけ正義感 事務所

こたけ正義感さんの本名【小竹克明(こたけ かつあき)】で、東京の弁護士事を調べてみました。

こたけ正義感さんは、2012年から池袋市民法律事務所という弁護士事務所で勤務されていました。

現在は独立して、西参道法律事務所という事務所を西新宿に開設されています。

西参道法律事務所

住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿397359

電話番号:03-6868-3501

FAX:03-6747-6836

もちろん独立した2012年も、芸人として活動されていました。

こたけ正義感(弁護士芸人)の妻や家族は?

こたけ正義感 妻 家族

こたけ正義感さんには、妻と子どもがいて、現在はアメリカのカルフォルニアに住んでいます!

20226月に半年ぶりに再会しました。

ちなみに、こたけ正義感さんの妻も弁護士で、Google日本支社の仕事をしていました。

しかし2021年、こたけ正義感さんの妻はアメリカのGoogle本社に国際弁護士として呼ばれました。

当時、もうすぐ3歳になる息子がいたので、こたけ正義感さんもアメリカに一緒にいく選択肢もありました。

しかし、日本でお笑いを続けたいという気持ちを妻に話すと、あっさりOKしてくれたそうです。

2022年に、芸人として芽が出なかったら、アメリカに行くとも伝えていたそうですが、急速に頭角を現して、賞レースでも注目を集め始めています。

知的芸人としてブレイクが期待されていますし、追い風が吹き始めましたね!

こたけ正義感(弁護士芸人)の本名は?

こたけ正義感 本名

こたけ正義感さんの本名は、小竹克明(こたけ かつあき)です。

こたけ正義感さんは20164月に、社会人コースのあるワタナベコメディスクールに24期生として入学しました。

2017年に、同期の木田雄貴さんと出会い漫才コンビ「ほどよし」を結成。当時、芸名は漢字の小竹正義感で活動していたようです。

2019年に解散し、その後現在の芸名、こたけ正義感へと改名し、ピン芸人として活動しています。

まとめ

こたけ正義感

こたけ正義感さんは、京都の高校から国立の香川大学法学部を卒業後、2009年から地元京都の立命館法科大学院に進み、司法試験に合格されました。

2012年にからは愛媛県での司法修習を経て26歳で弁護士となっています。

芸人としても、

  • 2021 M-1グランプリ 3回戦進出(ワタリ119とのユニットとして)
  • 2022 R-1グランプリ 準々決勝進出
  • 2022 ワタナベお笑いNo.1決定戦 準優勝
  • 2022年 第43ABCお笑いグランプリ 決勝進出

徐々に賞レースの成績も上がってきていますし、テレビ番組への出演も増えてきているようです。

専門用語で難しいの法律を、素人にもわかりやすいお笑いのネタにして、法律を身近なものとしてくれる貴重な存在です。

今後の活躍にも期待したいですね!