奥間和弘の年収や依頼料金は?勤務先や依頼方法についても

奥間和弘

株式会社ジャパンベストレスキューに勤める天才鍵開け師の奥間和弘さんは、フジテレビ系列「林修のニッポンドリル」などのメディアにも多数出演しています。

古い金庫を多数解錠してきた奥間和弘さんは、テレビだけでなうYouTubeチャンネル「生活救急車ちゃんねる」にて、普段接することの少ない鍵職人ならではの情報や、鍵だけでなく防犯、水回りのことなど生活に関する情報発信もしてくれています。

奥間和弘さんの年収や依頼料金、勤務先や実際の依頼方法についてまとめてみました。

目次

奥間和弘の年収は?

奥間和弘 年収

数々のメディアやYouTubeでの活躍をしている奥間和弘さんの年収について、とても気になるところですとね。

奥間和弘さんの勤務先の会社は、名古屋市の本社を構えている東証1部・名証1部の上場企業です。

40代男性の平均年収が450万円〜500万円程ですが、奥間和宏さんの場合、全国どこへでも出張をしており、さらにメディアへの出演も少なくありませんので年収は平均以上と考えました。

サラリーマンとして出演しているので、直接ギャラをいただいていることはないと思われますが、それが年収に一切反映していないとも考え難いです。

奥間和弘さんの年齢や活躍からすると、500万円〜600万円が妥当ではないでしょうか?

数々の難解金庫を解読してきた奥間和弘さんですので、会社を通さず、独立した方がさらなる年収UPが見込まれるかもしれませんね。

あわせて読みたい
ちなきち(WEB漫画家)の年収や年齢は?出身高校や大学を調べた 今話題のWEB漫画家ちなきちさん。2022年6月9日放送の奇跡体験アンビリバボーにて、WEB漫画家ちなきちさんが女子大生時代に体験した恐怖エピソードが再現ドラマ化...

奥間和弘の依頼料金は?

奥間和弘 依頼料金

奥間和弘さんへ実際に依頼する場合の依頼料金を調べてみました。

奥間和弘さんの勤め先では、鍵開けだけでなく、水回りのトラブル、害虫・害獣駆除など生活のトラブルを解決してくれます。
その道のプロフェッショナルが集まる便利屋さんといったところですね。

奥間和弘さんへ鍵開けの依頼をする際の依頼料金ですが、さまざまな鍵の中があり、鍵の種類によって依頼料金が異なります

実際ホームページでも紹介されていた、よくあるトラブルの依頼料金の例はこちらです。

玄関の鍵開け→刻みキー開錠 8,800円〜
玄関の鍵交換→鍵交換・シリンダー交換(開きドアタイプ) 11,000円〜+部品代
車の鍵開け(国産車)→インロック/インキー(刻みキー) 8,800円〜
原付バイク(国産車)→メットイン/サイドカバー解錠(刻みキー) 8800円〜
金庫の鍵開け(家庭用金庫)→鍵紛失 鍵穴 開錠 8,800円〜

鍵の種類だけでなく、何の鍵なのか、国産かどうかによって依頼料金が変わってくるようです。

奥間和弘の勤務先は?

奥間和弘 勤務先

奥間和弘さんの勤務先ですが、「ジャパンベストレスキュー株式会社」です。

元々の勤務先は「株式会社ミライアン」でしたが、ジャパンベストレスキュー株式会社に吸収合併されています。
ジャパンベストレスキュー株式会社は、365日対応の総合生活トラベルサービス「生活救急車」を全国展開しております。

奥間和弘さんへ現在、勤務先である「ジャパンベストレスキュー株式会社」のマネージャーを努めております。
ちなみに、同じくメディア出演やYouTubeチャンネルをおこなっている玉置恭一さんの勤務先も同じく「ジャパンベストレスキュー株式会社」で、さらに「株式会社ミライアン」の社長も兼務しております。

奥間和弘の依頼方法!

奥間和弘 依頼方法

鍵開けのプロ奥間和弘さんにぜひ開けてほしい金庫などあった場合の依頼方法は至ってシンプル!

①生活救急車のHPへアクセス
②依頼内容を電話相談
③奥間和弘さんを指名

以上3ステップが依頼方法です。
この依頼方法で必ずしも奥間和弘さんを指名できるわけではありませんのでご注意ください。
必ず奥間和弘さんへつながる依頼方法は、今現在 “ありません“ といった方が正しいかもしれません。

しかし、その道のプロフェッショナルが所属するので、万が一奥間和弘さんを指名できなかったとしても、ガッカリしないでください。
この依頼方法でまずは見積もりを出してみるといいかもしれませんね。

まとめ

奥間和弘

多数のメディアへ出演して話題の奥間和弘さんの年収や依頼料金、勤務先、依頼方法でした。

家の鍵から開かずの金庫まで、全国津々浦々鍵を開けてくれる奥間和宏さんですが、次はどんな鍵を開けてくれるのか、楽しみですね。



よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次