ペルセウス座流星群2021北海道はいつまで見られる?方角や観測スポットと見える場所についても

時事ネタ

ペルセウス座流星群は年間でも1・2を争う流星が見ることできます。条件がよい時には1時間に80個も見ることができるんです。夏休みに入っているので子どもの自由研究にしてもいいですよね。

そして、2021年は8年に一度の好条件で流星がみることができるので注目されています。夜空に次々と流れ星が見れる様は感動以外ないですね。

そこでこの記事では2021年は北海道が特によくペルセウス座流星群見れるのでいつまで見れるのか、方角や観測スポット、よく見える場所についてまとめました。

スポンサーリンク

ペルセウス座流星群【北海道】いつまで見られる?

満天の星空の中でペルセウス座流星群をいつまで見られるのかが気になって調べてみると2021年8月12日(木)の夜から8月13日(金)の明け方というのが最新情報で発表されていました。
特に8月13日4時頃が一番多くてくっきり見えるのでそこに照準を合わせて準備するのがペルセウス座流星群の記録を鮮明に残せます。

ペルセウス座流星群

引用元:https://weathernews.jp/s/star/perseus/

画像をみると、北海道でペルセウス座流星群がばっちり見えると予想されていますね。あとは沖縄もチャンスありになっています。ここまではっきり見える地域がわかると北海道の情報が詳しく知りたいところ。

うっとりしちゃうペルセウス座流星群の動画はこちら

夜空に広がる幻想的な空間に輝く一筋の光に思わず釘付けになります。2021年8月12日(木)の夜から8月13日(金)の明け方の中で8月13日4 時 17分が一番流星が多く見ることができます。あたらこちらからピューッと流星が見れるので親子やカップルで見ることができたら素敵な思い出になりますよね。

ちなみに北海道札幌市でペルセウス座流星群がばっちり見える時間がまとまっている表がありましたので参考にしてください。

ペルセウス座流星群

引用元:https://www.nao.ac.jp/contents/astro/sky/2021/08/perseids2021-factsheet.pdf

 

スポンサーリンク

ペルセウス座流星群の北海道地域で見れる方角はどこ?

8年に一度の好条件で見ることができるペルセウス座流星群ですが真夜中頃から空が白み始めるまで観察しやすい時間帯が続くと紹介しました。

次に大事なのは方角ですよね。今回初めてペルセウス座流星群を見ようとしている人はどの方角を見ればいいのか気になるところ。

私がインターネットや天文専門のサイトを調べたところ、放射状に流星が飛ぶさまを見たいのなら、北東の開けている場所がよいです。

ただ、流星自体は全天くまなく飛ぶので結論的には広く夜空を見るということです。1時間あたりに見られるおよその予想流星数は40個なので全部見れたら見たいですよね^^

 

 

引用元:https://www.nao.ac.jp/contents/astro/sky/2021/08/topics02-l.jpg

スポンサーリンク

ペルセウス座流星群の北海道でおすすめの観測スポットや見える場所はどこ?

北海道でペルセウス座流星群を見る時に北海道全域でおすすめ観察スポットや見える場所を紹介します。リンクのところをクリックすると詳しい情報が見ることができます。

道東

道北

道央

以上、北海道でペルセウス座流星群をいつまで見られるのか、方角や観測スポットと見える場所についてまとめました。

昨年は北海道以外でも長野県、山梨県や東京西部で見れたとの報告がありました。2021年は余計なものがない好条件でペルセウス座流星群を見ることができますので間髪入れずに見ることができる流星に感動することは間違いないですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました