スポーツ

齋藤駿(バトミントン)の進路や出身中学は?家族や成績についても

齋藤駿 バトミントン

現在バトミントン界で注目されている齋藤駿選手。

バトミントンの強豪ふたば未来学園のエースとして活躍してきた齋藤駿選手は、現在、高校三年生で今後の進路が気になりますよね。

進路について徹底的に調べてみました(*^^*)

また、出身中学についてもどこの中学なのか?バドミントンが強い中学校なのかも調べてあります。

齋藤駿選手の家族についてもバドミントン経験者がいるのか?すごい成績を残しているのかも含め、齋藤駿選手のすごいバトミントンの成績もまとめてみました!

齋藤駿(バトミントン)の進路は?

齋藤駿 バトミントン 進路

現在齋藤駿選手の進路についてはまだ決まっておりません。現時点ではふたば未来学園の3年生。

ふたば未来学園は福島県にある中高一貫校で偏差値は46です。

学校のウエブサイトを参照するとバドミントン部のページがあるほど推していると感じます。

齋藤駿選手は、幼少期からバドミントンで頭角を現しています。

そのことから進路を予想すると大学進学なら筑波大学などのバドミントンの強豪大学からスカウトや推薦が来る可能性もかなり高いと思います。

現状のまま好成績を積み重ねていけば進路も世間が羨むようなルートで進むことが出来るでしょうね。

因みに気が早いですが大学卒業後、社会人に進む進路を取るとバドミントンが強いJR北海道や海外に進むという選択肢を選ぶことも出来ます。

他人事ながら齋藤駿選手のような将来有望な選手の進路を考えるだけでこちらの気持ちもワクワクします。

2024年にパリオリンピックが開催される予定ですのでそこでメダルを獲得するなどできればバドミントン選手としての齋藤駿選手の知名度はガチ上がりしそうな予感がします。

桃田選手のようにメダルを取れば周りの見る目が変化しますし、齋藤駿選手に対する扱いも激変すること間違いなし!

齋藤駿(バトミントン)の出身中学は?

齋藤駿 バトミントン 中学

齋藤駿選手の出身中学は、ふたば未来学園中学です。

しかし、東日本大震災の影響をまともに受け被災により避難、中学入学時は富岡第一中学校、中二の時は猪苗代中学、中三の時はふたば学園中学に在校しました。

東日本大震災という天災により、齋藤駿選手の人生が翻弄されたといっても過言ではありません。

しかしながらそんな逆境の中でもバドミントンだけはやり続けており活躍しました。

因みに中学時代の戦績は2019年8月に第49回全国中学校バドミントン大会で優勝しています。

因みにふたば未来学園中学は福島原発の件で休校した5校を集約してできた学校です。

そのため齋藤駿選手の出身中学については3校あるということになります。

しかし、自身で転校したくてしたわけではなく転校するしか選択肢がなかったといえます。

今後、バドミントンで好成績を残し知名度が上昇したら後輩の指導などにも力を入れてほしいですね。

そうすると齋藤駿選手に指導してもらったという選手も出てきてバドミントン界の活性化にもつながります。

そして齋藤駿選手の出身中学からも有望選手が出てくるでしょう。

古賀ひより
古賀ひよりの出身中学と高校や母親は?階級や戦績を調べた3歳の頃から柔道を始め、中学高校大学と素晴らしい戦績を残している、古賀稔彦さんの娘の古賀ひよりさん。 2022年には、女子柔道の名...

齋藤駿(バトミントン)の家族は?

齋藤駿 バトミントン 家族

齋藤駿選手の家族については公表されていません。

よって家族構成は明らかにはなっていませんが祖父秀夫さんと祖母良子さんがいることが明らかになっています。

4歳の時からバドミントンを始めたのですがきっかけは判りませんでした。

今後齋藤駿選手が有名になると、家族に関してはインタビューを受けることが想定されるため知名度が上がることを待つしかありませんが、それも時間の問題といっても過言ではないでしょう。

現時点ではじわりじわりとマスコミが齋藤駿選手に注目し始めています。

齋藤駿選手本人に注目して一通り終わると、サイドストーリー的に家族へとスポットライトが当たっていくものです。

齋藤駿選手が好成績を残せば残すほど家族はどうやって齋藤駿選手と関わってきたのか?どうやって育ててきたのか?というのを世間は知りたいのです。

両親がスポーツをあまりやってきていないとすると、齋藤駿選手は天性の才能でここまで伸びてきており才能があるならと家族が協力し才能が現在も伸びていると考えられます。

まだ伝説が始まったばかりなので今後の活躍を見守りたいですね。

齋藤駿(バトミントン)の成績について

齋藤駿 バトミントン 成績

齋藤駿選手の成績については輝かしいものがあります。

まず直近では先輩桃田賢斗選手も成し遂げることが出来なかった2022年3月に行われた高校選抜でダブルス、シングルス、団体、の全種目で優勝し3種目優勝の快挙を達成しました。

他のバドミントン選手の記事を読んでも上記に書いた3種目の一つを獲るだけでもインタビューされるほどの凄いことで成績として輝かしい物として扱われます。

また今年7月に徳島県で行われたインターハイでは団体戦では負けました。

しかし、シングルスで見事優勝を飾り、また、一つ新しい勝利を手にしました。

成績に新しい伝説が加わったといっても過言ではありません。

今は輝かしい成績を残している齋藤駿選手ですが、高校一年生のインターハイ時に挫折を味わったことをインタビュー記事で答えています。

中学まではスマッシュを打てば決まっていたが高校に入学してからそれだけでは勝てなくなったようです。

それにより人生で初めて挫折を味わったのでその分強くなり成績に関して強いこだわりを持つようになった可能性も高いです。

まとめ

齋藤駿 バトミントン

以上、齋藤駿(バトミントン)の進路や出身中学、家族、成績についてでした。

バドミントンの齋藤駿選手を取り上げてきましたが、現時点では進路は未定です。想像の域を出ないのですが大学進学の可能性が高いと考えています。

中学についても東日本大震災に起因する福島原発の問題で転校を余儀なくされており中学三年間で三校を渡り歩いたことになります。

しかし、バドミントンがあったので自分を高めながら学校生活を送ることが出来たのではないかと考えます。

家族についても祖父と祖母しか明らかになっておらず、今後齋藤駿選手の活躍次第で家族のことも徐々に取り上げられる可能性が高まります。